田中博文 Official Site

2010年4月にPEファンド、ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社を設立。代表パートナー。現在、MBOファンドである現在JCP1号ファンドを運用中。別途M&Aアドバイザリー、IPOコンサルティングを行います。

田中博文 Official Site イメージ画像

戦略

東芝が抜き差しならない状況になっている。第三四半期の正式な業績開示が延期となった。理由としては、  当社グループ会社であるウェスチングハウス社(以下、WEC)によるCB&Iストーン&ウェブスター社(以下、CB&I)の買収に伴う取得価格配分手続の過程において、内部通報
『【東芝だからこそ、上場廃止とすべし】』の画像

本日の現代ビジネスで東芝関連の記事が掲載されました。ご高覧いただければ幸いです。おかげさまで、朝からランキング1位を続けて降ります。東芝が上場廃止をすると、日本経済には一体どんな影響があるのか 変わるものと変わらないもの今回その規模、上場廃止の俎上に

ここまで来たら、東芝は自ら上場廃止とし、 新たに再生を検討すべき段階に来ているのではないだろうか。   改めて現在の東芝の状況を整理したい。 大きくは以下の4つである。   まずもってご理解いただきたいのは、今回の減損と、過年度の不適切会計は論点が違うとい
『東芝は上場廃止とし、真摯に再生を検討すべし。』の画像

東芝の一連の状況を整理しました。ご高覧いただければ幸いです。東芝に残された道は「自ら上場廃止」以外にナシ?引用ただし、問題は今般のCB&Iの買収は当初のれんが100億程度と考えていたのが、突如として数千億円(数十億ドル)規模の減損損失が出る可能性があるなど、その
『東芝の記事が現代ビジネスの掲載されました。』の画像

皆さまあけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。ジェイ・キャピタル・パートナーズはこの4月で8期目を迎えます。ここまで来れたのも、ひとえに皆さまのご支援の賜物と受け止め、深く御礼申し上げます。今年は修己治人(しゅうこちじん)で行きたいと思
『【修己治人】皆様、明けましておめでとうございます。』の画像

これ、2013年9月にKKRが1620億円で全株取得した後、SPCにパナソニックが20%第三者割当増資をしているので、当時の全体のMcapは2062億円です。その20%は412億円。それが今回500億円なので、表面のIRRは7%くらいですね。レバレッジ1倍でも14%のリターンです。もう少し欲しかっ

本日の日経で、KDDIの株主還元余地について会社側と株式市場の間に温度差が生じている。会社側は還元を重視しつつも、成長投資に重きを置いているが、投資家は安定した現金創出力を背景にさらなる還元を求めるとか。 KDDI、投資か還元か 会社側と市場の間に温度差 高収益
『KDDI、NTTドコモの今後の成長投資について ~ ソフトバンクとの比較から』の画像

日経の報道によれば、 LINEが26日発表した2016年1~9 月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益が53億円の黒字(前年同期は75億円の赤字)だったとのこと。対話アプリ「LINE」の広告収益が伸び、赤字だったラジオ型音楽配信事業からの撤退や、土地売却などで42億
『LINE16/3Q業績 広告は伸長するも、ゲーム、スタンプは伸び悩み FBとの差はまだ大きく』の画像

↑このページのトップヘ