田中博文 Official Site

2010年4月にPEファンド、ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社を設立。代表パートナー。現在、MBOファンドである現在JCP1号ファンドを運用中。別途M&Aアドバイザリー、IPOコンサルティングを行います。

田中博文 Official Site イメージ画像

ファイナンス

【ソフトバンクを子会社上場させることの意味】   今年の1月、ソフトバンクグループ(SBG)は傘下の携帯事業会社ソフトバンク(SBKK)を東証一部に上場させる方針発表し、現在、年内の上場に向け、東証などと近く本格的な調整に入った。資金調達額は2兆円程度で、過去最大規
『ソフトバンクを子会社上場させることの意味』の画像

先日の日経一面に以下の記事がでました。株式公開 緩むルール 世界の取引所 誘致競う 親子上場に例外親会社と子会社が共に上場する親子上場は、株式持ち合いと並び欧米ではほぼみられない日本独特の資本政策だ。親会社が自らの利益を優先し、子会社の一般株主の利益を損な

本日、現代ビジネスで2017IPO総括の記事が掲載されました。ご高覧いただければ幸いです。今年もお世話にまりました。皆様、良いお年をお迎えください。引用 2017年のIPOマーケットは、話題性のあるものはなかったものの、安定的な良いマーケットだったと思っています。一つに

【東芝メモリの売却が間に合わない場合、東芝は公募増資を行う。】 一連の東芝問題で大きな動きがあった。そして、これで良いのかという憤りもある。 10月11日に東京証券取引所(以下、東証)は東芝の「特設注意市場銘柄の指定解除及び監理銘柄(審査中)の指定解除」を行
『【東芝メモリの売却が間に合わない場合、東芝は公募増資を行う。】』の画像

さて、ちょっと遅くなりましたが、今年も半分が過ぎました。今回は2017年上半期のIPOマーケットの総括をしてみたいと思います。  【上半期新規上場社数は39社、市場はマザーズが圧倒的。 札幌アンビシャスに2社】  日経平均 過去10年のIPO社数とその年の大納会の日経平
『バリュエーションは3年ぶりに回復~2017上半期IPO総括』の画像

昨日、現代ビジネスで、2017IPO上半期総括を掲載させていただきました。ご高覧いただければ、幸いです。2017年上半期のIPOマーケットを総括して見えてきたこと引用上半期の市場別のIPO社数は、マザーズが22社と全体の半数以上となっており、また昨年上期も25社と、近年マ
『現代ビジネスで2017上半期IPO総括を掲載しました。』の画像

ここに来て、一連の東芝問題が新たな局面を迎えようとしている。 東芝再建に伴う米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)の破綻処理雇用に係る問題と半導体メモリー分社の行方による技術の流出懸念である。   今回はこの半導体の技術流出懸念の可否を中心に述べたい。
『政府が東芝メモリに出資するのであれば、東芝本体にも出資、経営責任を問うべき』の画像

現代ビジネスの記事です。東芝メモリの売却に伴う技術流出、国防の観点から、エルピーダメモリ、電源開発、日本航空、シャープ、国際石油開発帝石、海外のケースと比較しました。私自身は引き続き、政府は関与すべきではないとの立場ですが、どうしても外為法27条を適用する
『現在ビジネスに寄稿しました。日本政府は本当に「東芝メモリ」を救うべきなのだろうか?』の画像

↑このページのトップヘ