田中博文 Official Site

2010年4月にPEファンド、ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社を設立。代表パートナー。現在、MBOファンドである現在JCP1号ファンドを運用中。別途M&Aアドバイザリー、IPOコンサルティングを行います。

田中博文 Official Site イメージ画像

金融

ここに来て、一連の東芝問題が新たな局面を迎えようとしている。 東芝再建に伴う米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)の破綻処理雇用に係る問題と半導体メモリー分社の行方による技術の流出懸念である。   今回はこの半導体の技術流出懸念の可否を中心に述べたい。
『政府が東芝メモリに出資するのであれば、東芝本体にも出資、経営責任を問うべき』の画像

現代ビジネスの記事です。東芝メモリの売却に伴う技術流出、国防の観点から、エルピーダメモリ、電源開発、日本航空、シャープ、国際石油開発帝石、海外のケースと比較しました。私自身は引き続き、政府は関与すべきではないとの立場ですが、どうしても外為法27条を適用する
『現在ビジネスに寄稿しました。日本政府は本当に「東芝メモリ」を救うべきなのだろうか?』の画像

こんな言葉は私には似合わないし、人様からは、田中は四六時中、カネのことしか考えていないと思われがちですが、だいたいご想像の通りです(笑)しかし、目先のカネや利益だけで、人間は生きているわけではありません。その会社を立ち上げた時の10年、50年、100年後にあるべき
『企業理念』の画像

昨夜AmebaTV ワンミニットニュースでの東芝問題について出演しました。ご視聴された皆様、ありがとうございました。30分程度のインタビューを1分に集約しています。外出中だったのでiPadをスマホで撮りました。見づらくてすみません。半導体の微細化技術の3D NANDの国防に関
『【昨夜、AmebaTVワンミニットニュースに出演しました。】』の画像

本日の現代ビジネスで東芝関連の記事が掲載されました。ご高覧いただければ幸いです。おかげさまで、朝からランキング1位を続けて降ります。東芝が上場廃止をすると、日本経済には一体どんな影響があるのか 変わるものと変わらないもの今回その規模、上場廃止の俎上に

今週の投資銀行サロンは上場審査である。その中には投資家保護を目的としたタイムリーディスクロージャー(適切な開示体制構築)が、求められているが、今日の日経で以下の報道があった。決算短信の簡素化容認東証方針、17年3月期から 情報開示 後退に懸念もhttp://www.nikke
『決算短信の簡素化容認は時代に逆行。東証は再考を。』の画像

昨今、労働環境に係る話が非常に多いわけですが、昨日もメンバーから、上場準備会社に法令違反があった場合、主幹事はどうするのかというお話がありました。 法令違反の内容にもよりますが、基本的には、上場準備を継続しながら、法令違反状態を解消出来るように指示してい
『上場準備中の発行体の残業代未払いについて』の画像

日経の報道によれば、東京証券取引所の市場一部に上場する企業数が年内にも、初めて2000社の大台を超える可能性が高まってきたらしい。 東証1部、初の2000社へ 基準緩和「昇格」や特設上場増加  これ自体は非常に嬉しいことである。 しかし上場審査の課題も多いのも事実で
『東証がNY、ロンドンと伍するためには「英文開示」が必要 ~東証一部2000社で思うこと 』の画像

本日の、日経の報道によれば、 サントリーホールディングスは、サンドイッチチェーンを運営する子会社の日本サブウェイの株式の65%を統括本社のサブウェイインターナショナルグループ(オランダ)に売却するとか。サブウェイは全国に448店(2015年末時点)を展開し、チェー

↑このページのトップヘ