田中博文 Official Site

2010年4月にPEファンド、ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社を設立。代表パートナー。現在、MBOファンドである現在JCP1号ファンドを運用中。別途M&Aアドバイザリー、IPOコンサルティングを行います。

田中博文 Official Site イメージ画像

IPO

今日は、前回の続きで、IPO(Initial Public Offering 新規公募増資→株式公開)の株価が何によって決まっていくのかについてご説明したいと思います。まず、発行体の「IPO時の株価は2つある」とお考えください。ひとつは、昨日アップした、様々な検討を行った結果としての時

 昨晩、「類似PERマルチプルの倍率って平均使うのですか?それとも一番似た会社に合わせるのですか?」というmailが来ました。答えは「どちらでもない」というか「正しい答えなんてない」ということなんですが(笑)クラスの答えにならない程度でコメントするとすれば.....

 ナノキャリア、昨日、今日と2日間、ストップ安で、23000円....IPO初日にストップ高、その後2日間ストップ安というのは、IPOオファリングとしては、あまり望ましくないです。オファリングレシオは30%以上なので、流動性は問題ありませんが、毎日極端な値動きは投機的な短期

 昨日は身動きが取れませんでした。ナノキャリア、初値27000円で、その後切り上げて行き、ストップ高30000円でした。当初launch時の想定発行価格は25000円、ロードショー後の仮条件は20000円~23000円ブック積んで結局公募価格20000円で、上場時30000円ストップ高.......や

 「Hiroさん、もうこれ以上は無理です。上場は諦めます。」と昨日、クライアントからの電話。4社コンペに勝って取ったターンアラウント゜案件である。来期予算の伸びが足りないから審査には耐えられない、海外展開を一考して欲しいとの指示に対する回答だった。原料高、外

ナノキャリアというバイオベンチャーが3/5にマザーズに上場します。 http://www.tokyoipo.com/top/ja/index.php?id=pre&seqid=1861 抗ガン剤のベンチャーなのですが、 見ての通り、売上1億、経常赤字7億、累積赤字20億!!! よく上場できたなというより、よくつぶれなかっ

↑このページのトップヘ