田中博文 Official Site

2010年4月にPEファンド、ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社を設立。代表パートナー。現在、MBOファンドである現在JCP1号ファンドを運用中。別途M&Aアドバイザリー、IPOコンサルティングを行います。

田中博文 Official Site イメージ画像

IPO

本日の日経でサントリーホールディングス(HD)が清涼飲料の主力子会社、サントリー食品インターナショナルの上場を東京証券取引所に17日までに申請したことがわかりました。東証の承認を得て7月末から8月上旬をメドに株式公開する見通しだそうです。足元の株高で調達資

 東京証券取引所は2月7日、食品のネット通販サイト「Oisix」を運営するオイシックスのマザーズ上場を承認しました。公開予定日は3月13日です。オイシックスは、マッキンゼー・アンド・カンパニー出身の高島宏平社長が1997年に設立(当時の社名はコーヘイ)。食品のネット通

先日、政府が新興企業に限り上場要件の緩和を検討していることが分かりました。市場活性化によってベンチャー企業の資金調達の道を広げるとともに、企業が資金を投資に回すことで雇用拡大などの効果も期待され、日本経済再生本部が今年半ばにも策定する成長戦略に、具体策を

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。さて、先日サントリーホールディングスの子会社であるサントリー食品インターナショナルが上場を目指すことになりました。サントリー食品インターナショナルIPOをバリュエーションしてみる~1兆円は妥当~

さて、昨日で今年のIPO銘柄がすべてで揃いました。日経によれば、今年は上場初値が公募価格を平均49%上回り、リーマン・ショック前の07年並みの水準に回復。年末にかけ株式相場全体が上昇したとのこと。うち14社が集中した12月は公募価格から初値の上昇率が平均59%と全体を

日経によれば、 サントリーホールディングス(HD)は2013年夏にも、清涼飲料事業を手がける主力子会社、サントリー食品インターナショナルを東京証券取引所に上場させる方針を固めたそうです。時価総額1兆円規模の大型上場となるとか。サントリーHDの調達資金は最大500

昨日9月5日、ツバキ・ナカシマの再上場が承認されました。ツバキ・ナカシマはベアリング(軸受け)用部品大手で世界有数のシェアを持つ会社であり、当初、2007年1月に野村プリンシパルファイナンス子会社であるTNNインベストメントがツバキ・ナカシマ株の97%超を取得し、マネ

昨日、ライフネット生命が東証マザーズに上場承認されました。この会社については出版物も多いのでご存知の方も多いと思いますが、ライフネット社は2006年に設立され、出口社長と岩瀬副社長が二人三脚で経営を進めらて来られたインターネット直販生命保険会社です。立ち上げ

日経記事によれば、フェイスブックが上場するにあたり、共同創業者のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)らに通常の株式の10倍の議決権がある種類株を割り当て、さらに同CEOが既存株主の一部と議決権を代理行使する契約を結んでおり、56.9%の議決権を握って

さて、東京証券取引所は10日、韓国系オンラインゲーム大手のネクソンの新規上場を承認したと発表しました。以前から出るぞ出るぞと言われており、夏ごろにはファイナンス500億円くらいとのウワサがあったネームです。そこから倍にしてきました。ブックランナーは野村、ジョイ

↑このページのトップヘ