【今週も1名様ご入会!】
Hiroの投資銀行サロン 週間レビュー No145

39fca5e1-s



今週も1名様にご入会いただきました。
深く御礼申し上げます。
...
今週はソフトバンクIPOがメインでした。
おかげさまで現代ビジネスに寄稿した記事も、
ランキング1位を取ることができ、かなり読まれた様です。
重ねて御礼申し上げます。
ソフトバンク(SB)は今回、1987年2月上場のNTTの2兆3750億円のファイナンス額を抜き、
国内最大のIPOファイナンスとなります。

しかもNTT上場時よりも日経平均が高い環境であり、
今までのIPOとしては一番恵まれた環境での上場といえます。

それでも、NTTの時価総額は当時でも19兆円近くあり、依然ソフトバンク(SB)の3倍近くあることが分かります。
また、NTTドコモは1998年10月上場で、2兆円をファイナンスしているが、同月に日本長期信用銀行が破綻するなどの金融危機の最中であったことを鑑みれば、むしろNTTドコモのIPOの方が、かなり難しいディールであったことが想像されます。

また、これまで世界のIPOで過去最高額を記録したのは中国のアリババ集団であり、
2014年にニューヨーク証券取引所に上場し、当時の為替レートで2兆7000億円を調達しました。
今回はその水準に近いことも興味深いところではあります。

配当性向の85%を目標としていることを鑑み、
何とか株数は消化出来るのではないかと考えています。
ロイターのインタビューは来週リリースされる予定です。
引き続き、よろしくお願い申し上げます。

【サロンonly】
11/13 証券会社のステイタスを決めるもの
11/13 プレマーケティングのアンケートの内容
11/14 仮条件決定
11/14 ブックビルディング
11/14 公開価格決定
11/15 ポーション/アセットアロケーションについて
11/16 ロックアップ

【フィナンシャルトピック】
11/16 「ゴディバ」日本事業買収 三菱商事などが名乗り
https://www.nikkei.com/artic…/DGXMZO37833440W8A111C1I00000/…

【現代ビジネス寄稿】
11/17 ソフトバンクの新規上場「メリット」「デメリット」を読み解く
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58501