【引き続き、参加者募集中!】
Hiroの投資銀行サロン 週間レビュー No 131


B9TcdMKm9k.JPG


今週の週間レビューです。

今週はIPO の基礎講座を行なっています。


IPOの株価の形成要因ですが、
事業計画は、上場時期、株価/時価総額、発行済株式数、資金調達等を決定する上で最重要項目です。


実際の業績が利益計画を下回ることになると、株価形成、資金調達計画に支障が生じ、場合によっては上場延期を余儀なくされる場合もあり、事業計画はリスクシナリオをも想定し、固めの見通しをベースに策定することが重要です。


時価総額の構成要素


時価総額 = 発行済株式数 × 株価
= 発行済株式数 × EPS × PER
= 当期利益 × PER
= 経常利益×(1-実効税率) × PER


利益水準および類似会社のPERが発行体の時価総額を決定します。株式時価総額を上げるためには、利益の極大化と類似会社に対する差別化、優位性、継続成長性を如何に客観的に説明できるかが必要となります。


また、メルカリがマザーズに上場するわけですが、また目論見書を読んで、エントリーを書きたいと思います。

来週もよろしくお願い申し上げます。


今週のサマリー


【サロンonly 】


4/16 上場社数・市場・売上・経常利益
4/16 主幹事社数
4/16 予想PER・株式時価総額
4/17 上場準備の主幹事証券はいつまでに決めなければいけないか
4/17 野村の主幹事について
4/17 野村以外の主幹事について
4/18 上場基準
4/18 社内管理体制の整備
4/19 株価の考え方
4/19 資本政策の手法とその特徴
4/19 資本政策のポイント
4/20 上場審査のポイント


【フィナンシャルトピック】


4/16 運営会社破綻でも「融資契約は有効」 スルガ銀
シェアハウス「かぼちゃの馬車」投資トラブル巡り
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29413880V10C18A4NN1000/


4/16 現場報告 銀行員がどんどん辞めている
「人員・店舗・預金」の3つの過剰が銀行の足枷に
http://bunshun.jp/articles/-/7023


4/17 メルカリ 6月にも東証マザーズ上場へ
https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20180418/k10011407521000.html