現代ビジネスに

【「東芝メモリ」の売却が間に合わなかったいま「東芝問題」を振り返る】


が掲載されました。

多岐に渡る東芝の論点を振り返ってみました。
最初の時系列の表を作成するのに、かなり時間がかかりました。ご高覧いただければ幸いです。


引用
時間的に、特設注意銘柄解除は臨時株主総会前の、不自然なあのタイミングしかなかった。
そして公募でなく敢えて第三者割当でアクティビストに東芝メモリを売るなという意見を、外から株主の声として醸成させ、更には独禁法の関係で東芝メモリを売却しないことが経営陣の責任ではなく、やむを得ない措置だったというシナリオに出来れば、結果的には東芝の大逆転になる。


【引き続き参加者募集中!】

Hiroの投資銀行サロン

855107