【引き続き、参加者募集中!】
 
Hiro の投資銀行サロン 週間レビュー No 106

14017880_1018164831635831_274891613_n
 

今週の週間レビューです。
今週は事業ポートフォリオ評価を行いました。

事業ポートフォリオ管理の重要性は、従前から指摘されており、一時は日本企業が過半の世界シェアを握っていた半導体に関しても大部分は本体から切り離されました。そして今東芝メモリも切り離されようとしています。日立製作所、パナソニック、三菱電機は、リーマンショック以降はますますBtoB事業への注力を進めています。

しかし国を超えた競争が激化する中で、従来以上のスピードで各事業の強化・撤退を行うことが求められており、強化する事業に関しては、技術・製品・ブランドなどに関して、国内のみならず世界でもトップクラスの競争力を持つことが求められているため、戦略的なポートフォリオ管理と執行力の重要度が増している状況です。

負債のゼロ金利政策、各社の株高の局面でのエクイティの比率が高まる過程で、加重平均のWACCも上昇しており、ROICも更に引き上げる必要があります。ROICがWACCよりも低い場合は、利益が出ていても、事業価値を毀損していることになりますが、日本のマネジメントは極めて資本コストに対する意識が低いです。

それは業績管理をPLベースでしか判断せず、BSの健全性との関係性を理解出来ていないからです。

その中で、今回は財務経営企画畑のマネージャークラスが事業の取捨選択を行う判断基準を示しました。

それでは、来週もよろしくお願い申し上げます。

【サロンonly】

8/28 総合電機業績推移 3y 
8/28 仮条件決定 
8/29 長期的な経済成長力
8/29 表は2017年8月17日付の各社の資本コストです。
8/30 企業価値創造・破壊状況 
8/30 リスクドライバー 
9/1 企業価値評価モデル(EP)について 
9/1 EPの向上策 

【フィナンシャルトピック】

8/28 2017年IPO eコマース、寿司が上半期を牽引 
シェアエコ、物流、FinTechに上場の勢い 
https://www.businessinsider.jp/post-102459

8/28 ウォンテッドリーの「批判記事排除」は問題だ 
http://webapp-ap.7spot.jp/check.html?tmst=1504401610

8/28 ウォンテッドリー、仮条件出ました
http://www.tokyoipo.com/sp/blog/?p=1466#2

8/29 東芝、WDに独占交渉権 半導体売却へ9月にも契約 
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20534690Q7A830C1MM8000/

9/1 焦点:東芝、厳しいメモリー年度内売却 「プランB」検討開始の見方も 
https://newspicks.com/news/2465798

9/2 スクランブル「株高呼ぶCB」広がる? ANAの仕組み、まずは評価 
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20681290R00C17A9EN1000/

9/2 産業革新機構、抜本見直しへ来年国会に改正法案も、経産省 
https://this.kiji.is/276295605778186243?c=113147194022725109

【投資銀行ライブラリー】

8/28 【投資銀行ライブラリー】ファイナンス研修 

https://lounge.dmm.com/detail/174/

 39fca5e1-s

k