【今週も1名様ご入会!】
Hiroの投資銀行サロン週間レビュー No104

今週の週間レビューです。


14017880_1018164831635831_274891613_n


今週は1名様にご入会いただきました。
まことにありがとうございます。


今週はお盆休みだったので、それほど大きな動きはありませんでした。

個人的にはサーベラスが西武から完全にexit したというのが、感慨深いですね。


当時2004年頃は、外資系ファンドは「悪」との印象が多く支配していましたが、株式保有比率で圧倒的なオーナーシップを取るファンドによる、合理的な経営が日本企業にもたらしたメリットは大きかったと思います。


日本人は昔から外圧がないと動かないが、
動き出したら、改革のスピードは速いというのが、
私の感想です。

日産なり、JALなり、すかいらーくなり、
シャープなり、そう言う認識です。


それも含めて今週はプライベートエクイティについての、
持論を申し上げました。


経営者にとってあるべき最終の経営目標は、
「会社が永続出来ること」です。


今から30年前は一斉を風靡していた会社でも、今は見る影もない会社は結構多いですし、会社が永続性を構築するためには、同業他社比、一番高い売上成長率を達成出来ることが重要で、また一番高い利益率を達成できることも大事です。


但し、当然ながら、永続的に利益率を上げ続けることには限界があり、企業価値の向上を継続するためには、売上成長が必要となる局面もあるでしょうし、一方、利益率へのこだわりが重要になるタイミングもあるわけです。


何故なら、利益率は自らが顧客に渡す「付加価値」の裏返しだからです。

つまり利益率が高くない会社は、顧客に対して「付加価値」を十分に提供できていない会社とほぼ同義です。


さて、来週の投資銀行ライブラリーは、
初めてアカウンティングをやります。


それでは来週もよろしくお願い申し上げます。


【サロンonly】


8/6 マーケットは儲けた人が正義です。
8/7 プライベート・エクイティファンド
8/8 私のPEファンドとしての考え方
8/9 永続性のトライアングル
8/14 100日プランとその重要性
8/14 企業理念について
8/16 合理性をもった「振り返り」の重要性
8/17 理論的な戦略(What)はあるが、誰(Who)が、
いつ(When)、どうやって(How)が不明瞭であることによる実行力の欠如


【フィナンシャルトピック】

8/6 銀行の経営幹部の大半は「AIが3年以内に顧客との第一接点となる」と予想--アクセンチュア調査

https://japan.zdnet.com/article/35105148/


8/7 経済教室AIは何をもたらすか(上)「眼の誕生」、産業構造を一変
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO19654040U7A800C1KE8000/


8/9 【秘録】百貨店「カリスマ経営者」の虚像は、こうして生まれた
https://newspicks.com/news/2414246


8/10 東芝決算に限定付き適正意見 上場廃止はひとまず回避
http://www.sankei.com/…/e…/news/170809/ecn1708090035-s1.html


8/10 元会長が激白!明治が泣く泣く「カール」から撤退するまで
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52455


8/11 焦点:東芝監査、「玉虫色」の決着 上場廃止回避にはなお課題
http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN1AQ1FE


8/16 米サーベラス、保有するすべての西武HD株式を10日付で売却
http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN1AW0CV


8/16 Wantedly(ウォンテッドリー)のIPOがいろいろ凄いので考察
http://blog.inst-inc.com/wantedlyipo/


【Blog】
8/7 バリュエーションは3年ぶりに回復~2017上半期IPO総括
http://hirotanaka.net/archives/52054355.html


39fca5e1-s