今週の東洋経済ON LINEでインタビュー記事が掲載されました。


牛角がフレッシュネスバーガーを買った理由

3度目の"身売り"は成功するのか


http://toyokeizai.net/articles/-/143601


 
フレッシュネスについても相乗効果は微妙だ。「コロワイドは買収した会社を、ただ”くっつけているだけ”という印象が強く、M&A戦略にストーリーが感じられない。業態の違いやフレッシュネスの規模を考えると原材料の共同調達によるシナジーも期待しにくい」(外食産業のM&Aに詳しいジェイ・キャピタル・パートナーズの田中博文社長)。

実際の文脈
ハンバーガー業界の規模は約7000億円、そのうちの売上70億円の議論。
売上2000億円を超すコロワイドからすれば、大上段に構えるハナシではない。ということでした。

正直な話、ユニマットのexit以外、
このディール自体の意義がどのくらいあるのかと考えると悩ましいところです。

引き続き参加者募集中! 
Hiroの投資銀行サロン


フレッシュネス