私自身は以前、銀行と証券、
そして今の今は投資事業をやっているわけですが、
各業界でその発行体の見方のスタンスが全然違います。
 

銀行はほとんど過去しか見ません。
いわゆる過去からの決算書の内容を精査して、融資ができるかどうか判断するものです。
未来については、半年くらい若しくはせいぜい今期の計画くらいです。

一方で証券は未来しか見ません。
過去がどうだったなど、どうでも良い話で、
今後3年間の事業計画の利益の蓋然性を精査し、
上場できると思えば、主幹事を引き受けることになります。
 

投資事業、特にPEは過去のBS、PLをきれいにして、
未来の事業計画をTangibleに行っていくということになります。
 

どれが良いとか悪いとかではないですが、
上場を目指さない限り、証券会社がかかわることはなく、
必然的に銀行の融資スタンスに対して、どう対応すればいいかということになり、
将来的なことよりも当面1年さえ乗り切れれば、
銀行は融資を継続してくれるということで、
極めて短視眼的な経営になりがちです。
まあ、しょうがないことですが。
 

 65098494.jpg

金融の人材というのは、基本的に銀行がそのほとんどを輩出していると考えて良いです。その歴史、産業に対する役割、組織としての成熟度や研修制度含めて段違いです。ここで、金融としての厚い人財が育っていく。
 

全ては決算書を読む力から始まり、銀行では飽き足らない人間が、
銀行(負債)から証券(資本)、最後は投資事業(ファンド)へ動いていきます。

そういった意味では、やはり最後は過去から未来へのストーリーを描きたい、
発行体とともに成長したい人間が、金融に馴染むのかもしれませんね。
 

良い連休を。

引き続き参加者募集中! 「Hiroの投資銀行サロン」