一昨日は会食で、南青山「いち太」へ初めて伺った。

 

外苑西通り、南青山三丁目の交差点を六本木方面に向かい、脇を入ると

喧騒から離れた閑静な一角にある「AOYAMA346」の1階に、 
見事にライトアップされた店構えに期待が高鳴る。 

  150x150_square_33647376 150x150_square_33647375 

 

ご主人はまだ若く30半ばだが、銀座「矢部」で修業され、 
2年前にこのお店を出したが、今回早速「一つ星」を獲得し、 
今夜もテーブル含めて満席だった。

 

どの和食のご主人もおっしゃるのは、
 

「和食は素材が全て。職人はいかにその素材の良さを引き出すかに過ぎない。」
 

とのこと。

 

いち太のご主人もほとんどに食材は築地で揃えるらしい。

 

今回は、京都の鱧、四国の鮎を始め、日本の夏を堪能出来る、見事な献立でした。

13936930_1008955769223404_1604981002_n

13900890_1008955859223395_95336869_n

 

 

そして、ここの特徴的なのは、締めが「蕎麦」であること。

「せいろ」と「胡麻だれ」をお願いしてみたが、せいろのつゆの絶妙なだしの香り、胡麻だれの甘さが残りながらもすっきりした後味に脱帽。

13884576_1008955929223388_1837141249_n
 

 

 

最後は抹茶プリンをいただく。

13884408_1008955942556720_2096881754_n
 

 

コース全体を通して、味の濃淡が絶妙に調和しており、一つのストーリーが見えるようだった。

 

また季節が変わったら伺います。

 

ありがとうございました。

いち太 東京都港区南青山3-4-6 AOYAMA346-1F TEL 03-6455-4023



引き続き参加者募集中! Hiroの投資銀行サロン



13900665_1008955705890077_1249564657_n
13900398_1008955895890058_599507322_n
13933404_1008955915890056_937127550_n
13900931_1008955732556741_1133473507_n
13900841_1008955885890059_1122949774_n
13936548_1008955812556733_1352575026_n