昨夜は、遅ればせながら、今年初めて、一つ星の恵比寿の紀風へ。


ご主人がおっしゃるには、6月は料理の素材は「良い」とのことで、
期待しておりました。

いつもの、品格のある入り口を入り、先ず、グラスビール。
13401488_973432219442426_2108195190_n

13435874_973432212775760_1113993777_n


そして今が旬の雲丹が甘く。
13401504_973432199442428_1910479530_n

13413895_973432226109092_705986646_n


これから良い季節の鱧 ぷりぷりです。

13401164_973432229442425_835093754_n

お造り

13434256_973432246109090_1240085732_n

この日、一番の美味しさ。京都から届いた、まだ桶で泳いでいる鮎を見せていただき、
頭からそのまま食べました。
13413820_973432249442423_2028371623_n


穴子
 13435837_973432256109089_1608300833_n
13407391_973432266109088_1382853688_n


そして、山形のつや姫を
13414007_973432269442421_458034048_n


今日は良い鰻が入ったとのことで、いただきました。
13407484_973432272775754_1401576064_n


 最後はきな粉と黒蜜で。
13434302_973432279442420_654870923_n
 

基本的には、築地から食材を仕入れているのですが、京都や九州からいい素材を直接仕入れていることも多く、季節ごとにその時の旬の食材を、その素材が一番生きる料理の仕方と腕前に脱帽です。

また、夏の終わりに伺います。

ごちそうさまでした。 

恵比寿 紀風  

引き続き参加者募集中!  Hiroの投資銀行サロン