3月も下旬になりました。震災の対応も大変ですが、
春から新しい生活が始まる方も多いことと思います。

その中で4月から国内大学院MBAに通われる方も多いということで、
一応、自分の経験からファイナンス系参考図書を記載してみました。
ご参考になれば幸いです。

初心者向け

「入門ビジネスファイナンス」 西村茂著 東洋経済新報社
http://www.amazon.co.jp/入門-ビジネス・ファイナンス-西山-茂/dp/4492601724

これは初めてファイナンスを学ばれる方にお勧めです。NPVに関する詳細な説明、
たとえばゼロ年目には割引率を掛けない等のアドバイスがされており、薄目の本なので、
2日間くらいで一気に読めるかも知れません。

「バリュエーション」 森生明著 日経BP
http://www.amazon.co.jp/MBAバリュエーション-日経BP実戦MBA-森生-明/dp/4822242463/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1269315827&sr=1-2

これもそもそも企業価値って何なのか的なところから説明しており、バリュエーションの本としては非常にスタンダードな本ですね。森生氏は「ハゲタカ」の監修で有名です。

中級者向け

「企業価値評価/VALUATION 上下」マッキンゼー・アンド・カンパニー/本田桂子
http://www.amazon.co.jp/企業価値評価-第4版-【上】-マッキンゼー・アンド・カンパニー/dp/4478470820/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1269316116&sr=1-1

私は現在実務のベースにおいて使っています。
ブリーリー・マイヤーズの「コーポレートファイナンス 上下」に比べ実践的であり、
Valuation方法については下巻で赤字会社の場合、金融機関の場合等個別業種で記載されています。DCFについてのハイネケンのケースはかなり詳細に書かれており、翻訳も秀逸です。

「MBAのためのM&A」田村俊夫著 有斐閣 
http://www.amazon.co.jp/MBAのためのM-田村-俊夫/dp/4641163308/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1269316441&sr=1-1

この本は最新ケースを織り込んでおり、従来の「M&Aとは」的な話ではなく、
実際に起きたことを理論として説明したり、ファイナンス手法ではなく、PEファンドとして行うべきこと、MBOとして行うべきこと等、タスク別に章立てしているのが便利です。

上級者向け

「合併・買収・再編の企業評価」E・Rアルザック/齋藤進著 中央経済社
http://www.amazon.co.jp/合併・買収・再編の企業評価-E-R-アルザック/dp/4502662100/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1269316913&sr=1-1

これはファイナンスを仕事としている人、三度のメシよりファイナンスが好きな方向けです。多様なAPV評価、可変WACC(意味わかる人だけ納得してくださいww)のDCF法等について実践・理論両方から記載されています。かなり骨ありますが。

「バリュエーションの理論と応用」谷山邦彦著 中央経済社
http://www.amazon.co.jp/バリュエーションの理論と応用―オプションを含む多種多様なM-Aプロダクツの評価-谷山-邦彦/dp/4502223204/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1269317196&sr=1-1

通常のDCFというよりも特殊なケースに価値がありそうです。
ライツ・プランを伴うValuation、エクイティ・キッカー(新株予約権)の評価、転換社債型新株予約権付社債(ハイブリッド証券)、強制転換優先株式の評価等ですか。まあ、ここまで読むのはかなりマニアックですが。

次回は、M&A、コーポレートファイナンス(資金調達)、TOB等テーマ別の参考図書をご紹介したいと思います。

引き続き参加者募集中!  Hiroの投資銀行サロン