昨日、JALが海外のの旅行会社・保険会社等から、信用不安による取引制限が出ていることに対し、前原国交相が火消しのための発言として、「政府は引き続きJALを支援する」とお墨つきを出しました。

それはそれとしてしょうがないとは思いますが、JALから「泣き」が入って、そこまでやるなら、本当に国営会社に戻してしまえばどうかと。従業員も公務員になり、組合廃止・ストライキ廃止、親方日の丸でバンバンザイでしょと。

企業再建は、制約要因を残しては成功確率が飛躍的に落ちると来ています。
そこを政府がどのように理解して、冨山氏に再建を託していくのか気になりますね。
冨山氏の力量が削がれるような気がしてなりません。
まず、人事、給与。そして路線。

そして職員はプライドというのは鼻にぶら下げておくものではなく、「自分がJALを救う」的な、ここ一番で頑張るための気持ちのより所として使うべきものであると考えますが、いかがでしょう。


それでもJAL、応援していますが。


引き続き参加者募集中!  Hiroの投資銀行サロン