さてJALですが、新旧分離というGM方式が出てきましたね。
現実的な選択肢のような気がします。

新会社に残す事業に対し、政府介入・保証を行い、経営陣は刷新でしょうか。

一方旧勘定に事業についても、様々な事業があるわけで、JAL以外がやれば上手く再生できるものもあるかも知れない。他の会社やファンド勢からすればそこを安く取りに行けるビジネスチャンスになるかもしれません。

いずれにしろ、なにか大きくやるにしても、組合と年金が課題ということらしく、言いかえれば、OBと従業員が問題だと。
以前のカネボウを思い出します。

オバマ政権とGM、ポッポ政権とJAL。
就任早々、いわゆる国策会社に近い会社に対する
大ナタを振るうことになりました。

GMは何とか軟着陸させられました。(と解釈しています)
JALはどうなのか?新旧分離は個人的にはWelcomeです。

引き続き参加者募集中! Hiroの投資銀行サロン