いろいろなところで、コスモスイニシアの事業再生ADRの話を聞きます。


再生系は専門外なので、あまりピンときませんが、

コスモスは評価損を行った結果、大幅債務超過となりますよね。
少なくとも上場維持を考えれば、1000億円程度の増資が必要なわけで、事業再生ADR、いわゆる債権者調整だけでは、再生困難なような気がします。

DESもありますが、金融機関が5%超の株主になることは考えにくい。個人的には、スポンサーが必要だと思うのですが。
どちらかというと産業再生機構みたいなところがあって、私的整理を行うイメージでしょうか。

個人的には2005年にMBOをしたスキームに興味があります。
ユニゾンが普通株で90億円増資、機関投資家に256億円の優先株出資、その資金で既存資産を減損し、減資して、資本金は119億円、借入金をまとめてタームローンにしました。


当然ユニゾンも金融機関も出資部分は減損処理でしょうが、追加出資となるとユニゾンが再投資しない限り、マジョリティは持っていかれるわけで、Dealとしては、かなり辛いところです。

そもそも、不動産分譲はCFが安定しないため、LBOが行いずらく、そういいた意味では、MBO,LBOにはなじまない業種ではなかったかと考えていますが、いかがでしょう?

引き続き参加者募集中!  Hiroの投資銀行サロン