すかいらーくMBOでもありましたが、この外部環境の激変を勘案すると、

今後も上場企業が非公開化するケースが今後も出てくると思われます。

また、これらの企業が再上場を目指すなりケースも出てくるでしょう。

この場合、非公開化された間はMBOファンドなり経営陣なりが安定
株主となることにより、流動株主のノイズに翻弄されず、経営変革に
まい進できることが、最大のメリットと思われますが、

、実は取引所はこの辺、結構ナーバスになったりしてます。

特に従前(以前の上場時)のオーナー株主や親会社が
引き続き一部保有したまま再上場することについてな極めて
ネガティブですかね。
再度キャピタルゲインを得ることに相当難色を示しています。


もっとも、MBO効果は、オーナー企業と上場子会社では反応は違うかと思います。

リストラは同じですが、

上場子会社の場合は、ノンコア事業部門であるために適切な投資額が配分されず、事業を成長させることが行いにくいかと。


たしかに既に上場会社なので直接自社判断で資金調達、投資を行うことは「理屈上」可能です。
ただし現実には親会社のコントロール下にあると。

ここが子会社上場の限界を感じるところです。


個人的には独立性とグループのガバナンスに

矛盾を生じますから、子会社上場は反対です。

オーナー企業の場合は、担当したことはありませんが
敵対的買収リスク回避でしょうか?


マネジメント、従業員のインセンティブ、
モチベーションアップはどちらも一緒でしょうかね。

ただし、オーナー系企業の方が往々にして、
マネジメントが育ってないケースが多いので、
外から持ってくる場合があるかもしれません。


雑感でした。

引き続き参加者募集中!Hiroの投資銀行サロン