昨日、JPモルガンがベアスターンズの買収額を

$2→$10に引き上げたということなのですが、
どうも腑に落ちません。新聞では清算価値$80を
大幅に下回ると。

当然ここで疑問が沸きます。株主は清算してもらった
方がよっぽど還元してもらえるのに、$10で合意しようと
している。なぜか......

市場は瞬間では様々な要因で乱高下しますが、最終的には
経済合理性に落ち着きます。

ということは、$80はまだ高いということですか。
清算価値ではない。まだ下がると。

やっぱ誰か$20でTOBしてくるのではないかと。
カネがあるんだったら、自分でTOBしたいくらいです(笑)
自分の投資銀行。これほど幸せなことはありません(笑)
います。絶対にどこか仕掛けてくるところが(笑)


さて、一方のGグッドウィルですが、UTが30.4%持ちました。
フィナンシャルバイヤーとストラテジックバイヤーの争奪戦。
どちらがグッドウィルの企業価値を上げられるか、
再生計画を見たいですね。

ただ、ファンドは最終的にバイアウトしなければならないので、
コストカットによるEVの引き上げが前提となるため、社内コンセンサスは
取りづらいもしれません。

いっぽうUTはいきなり企業価値の小さい会社に買収されることでの
反対層の抑えが必要かも。

内容はともかく、つねにdealが最大価値化される動きは
望ましいと「個人的には」思います。

この2つのdeal今後も注目しましょう。


引き続き参加者募集中! Hiroの投資銀行サロン