昨晩、「類似PERマルチプルの倍率って平均使うのですか?それとも一番似た会社に合わせるのですか?」というmailが来ました。

答えは「どちらでもない」というか「正しい答えなんてない」ということなんですが(笑)クラスの答えにならない程度でコメントするとすれば.....

重要なのは、自分は「誰」の立場でバリュエーションしているのかということなんですね。経営者なのか、売りたい株主なのか、買いたい株主なのかで、当然株価は違ってくると思います。

ただし、ここで株で一番重要なことを申し上げます。
株は「需要と供給のバランスで成り立っている」ということです。

小職は証券会社の人間なので、常にマーケット(投資家)を意識しながらバリュエーションせざるを得ません。だからいつもIPO時に売出人と株価でもめますが(笑)

小職はPERマルチプルについては、当初10社程度をピックアップした上で、類似会社の財務上の特殊要因を調整(ex.のれん代償却、繰越欠損控除適用等)し、再度5社程度に絞ります。その時に考えることはやはり、対象会社との企業規模の差、収益力の差(経常利益率等)、PER倍率の異常値については除外して行きます。

そしてその5社程度のPERの中央値(平均値ではない)と、一番近いと思われる比較対象先1社のPERとの両PERのレンジで物事を考えていくと。
そうすれば、ほぼ誰もがagreeできる会社群の中央値とプライシングのキモであるベンチマーク1社の両方を含めることができます。

ここで重要なのは、このレンジをプライシングするのは主幹事証券ですが、そのレンジの中で適正価格をビットするのは投資家だということです。
これをブックビルティングといいます。そして公募価格が決まっていく。

だから、ある意味最終価格決定者は「投資家」だといってもいい。
ここでこのレンジが極端に偏った、もしくは説明に苦労するものであると
ほとんどレンジの下限に張り付き、ディールブレイク(上場中止)となります。
要は、レンジが高すぎて誰も買わないと。

発行体は高いほうがいいに決まっています。一方で投資家は逆でしょう。
目いっぱいにストレッチした株価では投資家は買いません。
なぜなら売る時に儲からないから。(笑)
株が売れなければ上場できません.........

ここらへんは、IPOディスカウント・株式流動性という項目も含めて次回、アップしたいと思います。

PS
このバリュエーション手法はあくまで参考ということで。株価はかなりコンサバになると思います。
だから経営者はレンジの上限を超すような株価でも買いたいと投資家が言うようなロードショー(上場承認直後の機関投資家IR ※映画ではありません 笑)を行い、PERマルチプルの上限倍は近い株価を提示するというのも「あり」ですよ(笑)

引き続き参加者募集中! Hiroの投資銀行サロン