田中博文 Official Site

2010年4月にPEファンド、ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社を設立。代表パートナー。現在、MBOファンドである現在JCP1号ファンドを運用中。別途M&Aアドバイザリー、IPOコンサルティングを行います。

田中博文 Official Site イメージ画像

更新情報

 ナノキャリア、昨日、今日と2日間、ストップ安で、23000円....IPO初日にストップ高、その後2日間ストップ安というのは、IPOオファリングとしては、あまり望ましくないです。オファリングレシオは30%以上なので、流動性は問題ありませんが、毎日極端な値動きは投機的な短期

 昨日は身動きが取れませんでした。ナノキャリア、初値27000円で、その後切り上げて行き、ストップ高30000円でした。当初launch時の想定発行価格は25000円、ロードショー後の仮条件は20000円~23000円ブック積んで結局公募価格20000円で、上場時30000円ストップ高.......や

 JALの中計見ました。基本的には、1年前のプランの延長線かと思われます。2011/3期の目標について営業利益が880億円→960億円と上方修正、D/Eレシオ(リース債務含む)は07/3期4.6倍 → 08/3期 2.8倍 → 11/3期 1.5倍の予定となっており、先に発表したANAのD/Eレシオ2.1倍より

 先週、尊敬し憧れている講師から、私の外出中に電話があり、いい歳して「何だろう?」とドキドキしていた自分がいた。今日mailが入っており、内容理解。出来る限り力になりたい。こんな自分を少しでも頼ってくれたことが嬉しかった。少しでも恩返しがしたい。心の底からそう

 「Hiroさん、もうこれ以上は無理です。上場は諦めます。」と昨日、クライアントからの電話。4社コンペに勝って取ったターンアラウント゜案件である。来期予算の伸びが足りないから審査には耐えられない、海外展開を一考して欲しいとの指示に対する回答だった。原料高、外

えっと、ナノキャリアですが、想定発行価格25000円でしたが、仮条件が、20000円~23000円で、公募価格も下限の20000円です。やっぱりこの時期投資家需要集められなかったようです。 バイオだけでなく、マンションのモリモトも同様です。主幹事の野村はvaluation固めなんです

 実はJTの業績が好調です。 以外かもしれませんが。 07/4月に英国ギャラハー社を買収した結果、 売上    07/3期 4兆7700億円 → 08/3期予 6兆4100億円(+34%) 経常利益  07/3期 3120億円 → 08/3期予 3630億円(+16%) 利益は多分償却の関係もあるので

 昨日、大学院のセミナーでアドバンテッジパートナーズ(AP)共同代表の笹沼氏の講演を聞きkました。 APは言うまでもなく今の日本のバイアウトファンドの老舗であり、最も影響力のあるファンド。その創業者とはどんな方なのか知りたったのです。 正直もっと、ガツガツして

↑このページのトップヘ

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村